「なんとなく」で水を選んでいませんか?
浄土真宗の仏壇と仏具の特徴

浄土真宗では、仏壇の中央奥にご本尊として阿弥陀如来様を安置します。

ご本尊に向かって右側には、十字名号か親鸞聖人の御影像をおかけします。ご本尊の向かって左側には、九字名号或いは、蓮如上人の御影像をおかけします。

浄土真宗では位牌は置かず、過去帳や法名軸をお供えします。

仏具としては、真宗として特徴的なものは、先ほどご説明しました十字名号、九字名号或い親鸞聖人、蓮如上人の掛軸と掛軸台ですが、そのほかについては、真宗の中の宗派によっても、或いは地域や菩提寺によっても異なりますので、一概にこれが真宗特有とは言えません。

リンク

おすすめ情報をご紹介。