「なんとなく」で水を選んでいませんか?
翻訳の仕事のためには検定試験を受けることも良いかも

翻訳の仕事をするためには特に資格は必要ありません。企業が実施するトライアルを受けて採用されると仕事をいただけるという場合が多いです。

しかし自分に翻訳ができる実力があるのか、またどういった分野が適しているのか確認したい人は検定試験を受けてみるとよいでしょう。

翻訳には数種の検定試験があって、レベルもいくつかに分かれています。

そのためこれから翻訳の仕事をしたい人にとっても勉強の一環として検定試験を利用することは有意義なことです。初めは基本的なレベルからクリアして、徐々に上のレベルに合格できるように目標を設定して勉強すると励みにもなります。

需要があるのは?

英語ができる人も増え、翻訳できる人も多くなりましたが、それは日常会話で使う範囲の英語であり、特に医療やシステム関連の技術翻訳をすることがとても難しいと言われています。

リンク

おすすめ情報をご紹介。